世界のワイン専門店 - OTAKESHI ONLINE -
    
- OTAKESHI ONLINE - 
一覧表示
すべての商品 (0)
種類別
赤ワイン (0)
白ワイン (1)
ロゼ (1)
スパークリング (1)
弱発泡 (1)
酒精強化・蒸留酒 (1)
地域別
フランス (1)
イタリア (1)
ドイツ (1)
スペイン (1)
ポルトガル (1)
南アフリカ (1)
チリ (1)
アルゼンチン (1)
オーストラリア (1)
ニュージーランド (1)
アメリカ (1)
日本 (1)
その他
その他 (1)
ギフト
セット
○本組
アンコールボックス
ワインサスペンダー
ワインハンドバッグ
ソムリエナイフ
ワイングラス
ワイナート
ラベル関連
傾斜ラック
ワインセラー(大)
ワインセラー(小)



はじめに・・・
 ワインほど様々な個性を楽しめるお酒は他にありません。ブドウの品種、産地、生産者によって、それぞれ特徴があり、色合い、香り、味の濃淡など、実に多くの種類があります。
様々なワインをテイスティングして、あなたのお気に入りの1本を見つけて下さい。
 ワインをもっと楽しく、もっと身近に感じていただくために、
その奥深い世界を「カベルネ=マサキ」が本サイトで情報発信していきます。
どうぞよろしくお願い致します。
ワイン生産国
ブドウは世界中で栽培されており、世界各地で多様なワインが造られています。各産地のワインを飲み比べてみたり、1つの産地のワインの中から好みのワインを探したり、産地を知ればワインの楽しみ方も広がります。
 フランス
フランスはブドウの栽培に最適の気候・風土であり、伝統ある優れたワインの産出国です。ボルドー地方ではブドウの栽培からワインの醸造、瓶詰めまで行なう生産者をシャトーと呼び、シャトーごとに格付けされています。ボルドー地方のワインはシャトーの名前がワインの名前になります。ブルゴーニュ地方ではブドウ畑や村ごとにワインの格付けがされており、ワインには畑・村・地域などの名前が付けられています。

 イタリア
イタリアは温暖な気候に恵まれており、イタリア12州全てで赤・白・ロゼ・スパークリングのワインが作られ、それぞれの州で特徴あるワイン作りが行われています。生産規模ではフランスとほぼ互角であり、ワイン生産量・海外輸出量共に1位2位争いを繰り広げています。

 スペイン
スペインは、イタリアとフランスに続く世界第3位のワイン生産国である。ブドウの作付面積では世界第1位となっている。国土は地中海性気候が広がっておりワインの生産に適しています。
スペインのワインでは酒精強化ワインのシェリーが有名。赤ワインは、リオハやリベラ・デル・ドゥエロが良質なワインの生産地です。カタルーニャ地方ではカバと呼ばれる発泡性ワインも造られています。


 ドイツ
ドイツで生産されるワインは、圧倒的に白ワインが多い。厳しい気象条件のために、黒葡萄は十分に色付くことができず、数少ない赤ワインも色が薄い。夏季に穏やかな日照時間を長く取ることによって、凝縮性が高く、独特な酸味と果実性に富んだワインが造られています。

 アメリカ
アメリカ合衆国はフランス、イタリア、スペインに次ぐ世界第4位のワイン生産国です。生産量の約9割をカリフォルニア州が占めています。赤ワインではナパ、白ワインではソノマなどが質の高さを誇っています。
E&Jガロ社、
オーパス・ワン、ニバウム・コッポラ・ワイナリーなどのワイナリーが有名です。

 オーストラリア
オーストラリアのワインの特徴は、ワインを醸造してからあまり年月をかけて熟成させず、フレッシュで、フルーティなのが特徴です。オーストラリアのブドウの産地は、温暖で一日の日照時間が長くて昼夜の温度差も大きく、降雨量も少ないので葡萄の糖度が高くなります。天候が安定しているので醸造するワインの品質も安定しています。

 チリ
チリの中部地方は地中海性気候のため、夏は乾期で雨がほとんど降らず、1日の気温の高低差が大きいことから、風土は豊かで変化に富み、ブドウ栽培にとても適しています。また、19世紀に欧州で猛威を振るった害虫の影響を受けておらず、ブドウの病気も発生しにくいため、良質のワインが安定して生産されています。また、人件費、農地、水などのコストが欧米などと比べて安価なため、フランス産なら5,000〜6,000円クラスのワインが1,000円前後で買えるといわれています。

 南アフリカ
南アフリカのワイン造りの歴史は古く、首都ケープタウン近辺の沿岸地域と内陸のリトル・カルーの2つの地域でブドウが栽培されています。
海洋性気候がブドウが栽培地域の特徴で、海から吹き上げる風、強い太陽の光、湿度の少ない土壌等、非常にワイン造りに適しています。
ブドウの品種
ワインの味に最も影響するのが原料であるブドウの品種です。
フランスやドイツ、イタリアなどの伝統産地に対して、米国、オーストラリア、チリといった新興生産地を新世界(ニューワールド)と呼んでいます。新世界ではワインを単純にブドウの品種で区別する傾向が強く、その品種が持っいる自然な味を全面に出してきています。ラベルには品種名が記載されていますので、ワインをあまり飲まない国の人でも、ワインがぐっと身近になったとされています。
 赤ワイン用品種
  カベルネ・ソーヴィニヨン
 
フランス、ボルドー地方の赤ワインに使われる代表的な品種。酸味やタンニンが強く、重厚な味わいのワインになります。
「渋い」
  ■ピノ・ノワール
 
フランス、ブルゴーニュ地方発祥の品種です。繊細な酸味と果実味、きめ細かい口当たりのワインになります。
・「酸味が強い」
  ■メルロー
 
フランスのボルドーを発祥地とする品種です。芳醇でまろやかな味わいになります。
・「まろやか」
  ■シラー
 
フランスのローヌ地方を原産地とする品種です。フルボディでアルコール度数が高く、男性的な力強さとこくのあるワインになります。オーストラリアでもこの品種が多く作られています。
・「辛い」
  ■ガメイ
 
フランスのボジョレーで栽培される品種です。ライトボディで若いうちに飲まれるワインが作られています。フルーティーでとても飲みやすいです。
・「ジュースっぽい」
 白ワイン用品種
  ■シャルドネ
 
世界的に最も名の知られた白ワイン用の品種の一つです。多様な気候の下で実が熟するため、現在は世界中の広範囲な地域で栽培されています。 シャルドネ単品種のワインとしては、フランスのシャブリが有名です。シャブリは樽での醗酵や熟成は行いませんので、ストレートにシャルドネのフレーヴァーを楽しむことができます。クセがなく、飲みやすいのが特徴です。
  ■ソーヴィニヨン・ブラン
 
フランス・ボルドー地方やロワール地方を代表する白ワイン用品種です。 青草、柑橘類、ハーブを思わせる独特の香りをもち、さわやかな酸味と個性的な味わいのワインで、世界的に人気があります。 ボルドー地方では伝統的にセミヨンとブレンドされ、メドック地区では辛口、ソーテルヌ地区では甘口に仕上げられています。
  ■リースリング
 
ドイツの高級白ワインは全てこの品種といっても過言でないほどドイツワインを語るには外せない品種です。フランス・アルザス、カリフォルニア、オーストラリア、南アフリカなど栽培国も多い。ラインガウ地域では緻密で威厳をもったワインになり、モーゼル・ザール・ルヴァ地域では、スレート砂岩土壌の影響でハツラツとした酸味の気品ある華麗なワインとなります。

Copyright (C) 2009-2017 Otakeshi Onine Group. All Rights Reserved.